イオンスマホの評判と利用してみて感じたメリットデメリット

イオンスマホの評判と利用してみて感じたメリットデメリット

iPhone VS 格安スマホ それぞれのメリットデメリット

読了までの目安時間:約 4分
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


iPhoneを使用している人も多いかと思いますが、今は格安スマホのほうが勢いをましてきているようにも感じます。そんな両者のメリット・デメリットについてまとめてみました。
 
格安スマホは例としてumobileを利用した場合で書いています。
 

iPhoneのメリット

iPhoneのメリットとして挙げられるのは、まずはウイルスアプリがほとんど存在しません。Androidの場合はウイルス対策アプリをインストールしておきましょうと言われますが、iPhoneではインストールする必要がありません。
 
よって、無駄にバッテリーを消費することなく利用できるんです。またAndroidであればGoogleのメールやマップを使えますが、これはiPhoneになっても利用できるんです。つまり、iPhoneにしておくことでウイルスの心配がなく、Androidのいいところを利用できるということになります。
 

iPhoneのデメリット

iPhoneのデメリットとしては、文字の入力方法が限定されていることと、操作性が低いということが挙げられます。Androidにはキーボードアプリもいくつかあり、とても使いやすいと評判になっています。なので、AndroidからiPhoneに変えた場合は最初は文字入力に慣れるまで時間がかかるでしょう。
 
また、その他には赤外線が使用できない、マイクロSDを刺すことができず、パソコンにつないでの作業になること、アドレス帳の移行もパソコンを通じてないとできない、説明書が特にないといったデメリットがあります。今までAndroidを使用してきた人にとっては赤外線がないことやマイクロSDが入らないのはちょっと面倒に感じるかもしれません。
 

格安スマホのメリット

Umobileは品質の良さが魅力となっています。ドコモの回線を使用しているので、通信速度などに不満を感じることなく使用ができます。そして、LTE使い放題プランがあるので、スマホを存分に活用したいという人にとってはおすすめになっています。
 
また、もうちょっと今月は使いたいという時にはデータ容量を大きくすることもできます。さらに、最低の利用期間が6ヶ月と短めに設定してあるのも嬉しいですね。解約の際にもとりあえず6ヶ月使用すれば解約金も発生することなく解約することができます。
 

umobileのデメリット

Umobileのデメリットとしては、データ通信容量の繰越ができない、支払い方法がクレジットカード払いのみ、家族割がない、速度が安定していないといった点があります。繰越ができないので、あまり使わなかった月も翌月になるとリセットになってしまいます。
 
また、クレジットカード払いのみとなっているので、毎月他のカード代と一緒に引き落としになることを覚えておかないといけません。また、家族でumobileを利用したいというときに適用される割引がないというのも少し残念です。一人で契約する分には問題ありませんが、家族で使用するという場合には特典などないので注意しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   未分類

この記事に関連する記事一覧